JKFA設立趣旨
私たち人間の身体は光り輝いています。
肉体的にも、精神的にも無限の可能性を秘め、大きな希望に満ちているからです。

『健康とは?』という問いかけに色々な場所をめぐりました。学校、企業、高齢者施設、医療機関、スポーツジム、レジャー施設などです。そのいたるところで健康について「明るい色」「楽しい感じ」「ご飯がおいしい」「家族で仲良く」「夢のある未来」・・・など、多方面の方々に素晴らしいイメージのお答えをいただきました。

ところで21世紀となり私たちは様々な問題に直面しています。
少子化や高齢化、家族の絆、教育の荒廃、医療費の増大、経済の破綻、天変地異などです。

そんな中、今こそ世界保健機関(WHO)の提唱する、「健康とは肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たさされた状態にある」を実現させる時代にあると考えています。

個人レベルで「肉体的充実」「精神的充実」「社会的充実」をより良くしていくことが、結果として周囲に気を配る原動力となり、集合体である国家に競争力を見出だし、更には地球をより良い場所へと導いていくと考えられるからです。

そこには本来人間の生命をつなぐ「呼吸」「感情」「運動」の3要素は不可欠と考えます。

また別の科学的視点からみても脳と身体の関係において、喜びを伴なった感情、疲労回復及びコンディショニング、呼吸法などがビジネス・スポーツ・芸術・勉強などの分野で、その能力を向上させる要因として実証されています。

そのようなことを背景に、新たな健康思想を作っていこうと2007年に立ち上げたプロジェクトが「カラフィットプロジェクト」です。

アジアの生んだ世界に誇る文化である「カラオケ(呼吸・発声)」と西洋を発祥とする「フィットネス(運動)」が融合した新たなエクササイズの推進活動。

もっと多くの人たちにこの「健康思想」を広めるために、よりたくさんの市民・行政との協働を図る必要性を感じ、公益の増進に寄与するべく一般社団法人日本カラオケフィットネス協会を設立することにいたしました。

今後とも御支援・御協力のほど、よろしくお願い申しあげます。


一般社団法人 日本カラオケフィットネス協会理事長  周防 進